共用部の設備確認

不動産管理業:入居者からクレームとして多い意見とは?

不動産管理業:入居者からクレームとして多い意見とは? 不動産管理業務では、入居者からのクレーム対応も重要な仕事の一つとなります。
クレームとして挙がってくることが多い意見に対しては、しっかりと対応することが必要ですが、再発防止のために改善などを行うことも、不動産管理業務の質の向上のためには重要となります。
不動産管理で入居者から多いクレームの一つとしては、近隣住民同士のトラブルが挙げられます。
上に住んでいる人の生活音がうるさいといった意見やベランダで煙草を吸っていて臭いが嫌だという意見も多く上がります。
そういった問題を未然にすべて防ぐことは難しいですが、入居時にしっかりと借りる人に注意事項として、近隣への配慮をすることを伝えておくことが重要です。
また、古くなっているアパートやマンションでは、冷暖房や給排水設備の不具合に対する意見なども多くなっています。
定期的に設備点検を専門業者にお願いすることで、急なトラブルの発生をある程度は防ぐことが出来るようになるでしょう。

不動産管理業:退去の立会い時に有りがちなトラブル

不動産管理業:退去の立会い時に有りがちなトラブル 不動産管理の業務は、賃借人の募集、入居中の設備のメンテナンス、家賃の収納管理と、退去時の立会いが主要な内容です。
 賃借人の募集は決められた条件に沿って家主さんと入居者の仲介を行い、家賃の収納管理や設備のメンテナンスは家主さんが決定権を持っていますが、退去時の立会いでは、家主さんと入居者双方の合意が必要です。
 退去をするときに、家主さんと入居者が同時に立ち会うことはまれで、退去時の確認は不動産管理業者が行うのが一般的です。
そのうえで、家主さんの立場は、入居者負担分が多いほど費用が節約できるし、入居者は反対に、自己負担を減らしたいものですが、両方の要望をそれぞれから直接に聞くのが管理業務の一部です。
 そのため、客観的に仲裁をすると同時に、それぞれが納得できるように、立会いの際に気になる箇所は入居者に指摘するとともに、写真に収めておくと安心です。
 家主さんと入居者、それぞれが負担について納得し、トラブルに発展しないようにすることが大切です。